ロンドンお洒落日記
by misonolondon
カテゴリ
全体
ご挨拶
Fashion Diary
Street Snap
Vintage Treasure
Bargain Hunt
Favourite Books
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Vintage Treasure( 13 )

Victorian Brooches

b0255656_224064.jpg


このところ妙にヴィクトリアンづいていますが、この日手に入れたのがヴィクトリアンのブローチ。

古いブローチをコツコツと集めていて、かなりの数がたまってきたのですが、実はヴィクトリアンの物を手に入れたのは初めてでした。

今迄で一番古いと思われるものでもエドワーディアン後期から1920年代あたりのものでした。

こちらは正真正銘のヴィクトリアン。
お店の方に聞いたら1850~60年代の物だ、とのことでした。

勿論、これはダイヤモンドじゃなくて、ただのガラス。
それでもこの小さなハート形がとても可愛らしくて、どうしても欲しくなってしまいました。
お値段を尋ねたら、いつも買うブローチに比べれば高かったのですが、手に入れられない程の値段ではなかったので即決でした。

More
[PR]
by misonolondon | 2015-11-05 00:00 | Vintage Treasure

Victorian Blouse

b0255656_2145598.jpg


前回の記事で書いたマーケットで、思いがけず出会ったこちら。
ヴィクトリア時代のブラウスです。

ブラウスと言うか、トップスに近いものでしょうか。
張りのある生地と首回り、袖部分のレースに施された美しい手刺繍に惹かれて購入しました。
写真では美しい刺繍の様子があまりよく見えませんが、、、

お店の方に聞いてみたところ、1870~80年代くらいのものだそうです。
アルバート公が亡くなった後、ヴィクトリア女王が亡くなるまで黒いドレスを着続けていたことは有名ですが、このことがファッションの世界にも影響を与えていました。
未亡人となった女性が黒いドレスを着るのが流行となったのです。
その流れは英国からフランス、そしてイタリアへと波及していったのだそうですよ。

ファッションと言えば常にフランスやイタリアなど大陸から英国へ、という流れが不変の法則のようなものだったのに、意外や意外、そんなこともあったのですね。

More
[PR]
by misonolondon | 2015-10-20 00:00 | Vintage Treasure

Art Deco Brooch

b0255656_23165440.jpg


本ブログの方で綴っているベルギー旅日記ですが、こちらでお洒落関係のお土産を1点披露しようと思います。

ジュドゥバル広場で行われている蚤の市で見つけたブローチです。
典型的なアールデコデザインで、何か一点アールデコっぽいお土産が欲しいな、と思っていたところパッと目に入りました。

素材は金メッキでとても軽いので、元々それほどの価値があるものではありませんが、こういうデザインを滅多に見かけないので、デザイン重視でのお買い物となりました。

気になるお値段は8ユーロ。
お土産品だと思えば、とてもお安い買い物だったと思います。
[PR]
by misonolondon | 2015-09-05 00:00 | Vintage Treasure

Vintage Dresses

b0255656_0255860.jpg


この夏はよくヴィンテージドレスのお買い物をしました。

そのほとんどは外出着と言うよりも、家で着るためのホームドレスなのですが。

これはエクセターのヴィンテージショップで買い求めた一枚。
セールラックから掘り出しました。
私の中ではキャンディ・キャンディが着ていたようなドレスなので、キャンディドレスと名付けました。
乙女チックなふりふりのレースと細かい赤いチェック柄がお気に入りなのですが、夫には「マタニティドレスみたいだ」と大不評です。
タグがないので、多分どなたかが作ったお手製ドレスなのでしょう。
素材はポリと思われます。乾きもいいし、意外に涼しいので夏の間ほぼ2日に1回の割で着まわしていました。

お値段はセールだったので£25⇒£15とお買い得になっていました。

More
[PR]
by misonolondon | 2014-10-05 00:00 | Vintage Treasure

Chiltern Cycling Festival 2014,4

b0255656_2213611.jpg


ヴィンテージのコスチュームジュエリーを集めている話は以前書いたことがあるのですが、この日マーケットで見つけたのがこちらのブローチ。

ホールマークがないので、本物の銀ではないのですが、透かし編みの扇形の模様が繊細だったので目に留まりました。
留め金の様子からして多分、60年代辺りのものではないかな、と思います。
丸い球の部分はぶら下がっているので、ブローチを留めるとユラユラ揺れるのが面白いです。

More
[PR]
by misonolondon | 2014-08-25 00:00 | Vintage Treasure

Vintage Glass Beads Neclace

b0255656_22183392.jpg


カーブーツセールに行って楽しいのが、ヴィンテージやレトロスタイルのアクセサリーを見ること。
マーケットやフェア、店舗で買うより、ずっとお得な値段で買える事が多いので、売ってる人を見かけると、じーっくりと品定めさせてもらいます。

お安い時だと、私がちょこちょこ集めているヴィンテージブローチ、1個£1なんてお値段も珍しくありません。
なので、ついつい買いすぎてしまうんですよね、、、

この日買ったのはガラスビーズのネックレス。
同じようなデザインの物を以前買った事があったので、目につきました。
売ってた人に尋ねてみると、多分30年代の物だと思う、とのこと。

戦後はビーズの素材がガラスからプラスティックに変わっていくので、戦前の物で間違いないでしょう。
クラシカルなデザインと半透明のブルーカラーがとても気に入っています。
[PR]
by misonolondon | 2014-02-10 00:00 | Vintage Treasure

60's Vintage Lace Dress

b0255656_181172.jpg


先日旅行先のヴィンテージマーケットにて購入したこちらのレースのドレス、色がちょっと渋めの茶色で、ラックに掛かっていたのがぱっと目に入りました。

手に取ってみるとちょっと細身、、、大丈夫かしら?と思って、ストールホルダーの女性に「試着できそうなところないですか?」と尋ねたら「あそこ、、、じゃ、ちょっとダメか」と指さす方向を見たら、段ボール箱が積み上げられていました、、、どうもその陰で試着してみたら?と言う事だったよう、、、汗
私が「え?」と言う顔をしたら「そしたらそこ出たところに公衆トイレがあるので、そこを使ったらどうかしら?」と言うので遠慮なくそうさせてもらうことにしました。
幸い綺麗なトイレだったので良かったのですが、マーケットでのお買い物は試着がちょっと困りものですね。

特に私が購入したこのドレス、見たところ既製品ではなく、オーダーメイド、もしくはお手製、ヴィンテージにはよくあることなのですが、こういうのって着る人の体型に合わせて作ってあって、試着を実際にしてみないと、サイズが自分に合うかどうか分からないんですよね。

このドレスかなり細い方が着ていたようなのですが、なんとかトイレで頑張って試着したら着られたので無事購入と相成りました。
お値段もロンドンのヴィンテージショップで買うのを考えたら、ずっとお得でした。
これだから旅先のヴィンテージマーケットやショップって覗かずにはいられないんですよね。
今年息子のFisrt Holy Communionがあって、その時に何を着よう、とずっと悩んでいたので、このドレスを着ようと思います。
[PR]
by misonolondon | 2014-01-25 00:00 | Vintage Treasure

Beaded Necklaces

b0255656_22521891.jpg


コスチュームジュエリーを集めている話は以前少し書いたのですが、かなりたくさん集まったのがビーズネックレス。

20年~60年代あたりのものが好きで、その年代のものを見かけるとつい手に取ってしまいます。
古いものは手に取るとずしっとした重みがあるので、すぐに分かります。

現在ではビーズの玉はプラスティックで作られているものがほとんどですが、昔のビーズはガラス玉なので比べてみると重さが全然違います。
昔の人はこれを幾重にも重ねづけしたりして、よく肩が凝らなかったものだ、と驚きます。

肩こり症の私がこれを実際につけることはありませんが、ガラス玉のビーズはプラスティックより見た目も趣があるので、こうして飾っておくだけでもとても気に入っています。
[PR]
by misonolondon | 2013-01-15 00:00 | Vintage Treasure

Vintage Brooches

b0255656_11181.jpg


数年前からコスチュームジュエリーの魅力に開眼して、少しずつ集めるようになりました。
コスチュームジュエリーと言ってもピンからキリまで、、、
主に私が手にするのはお手頃価格の物ばかりですが、それこそたまに見ていいな、なんて思うものの中にはびっくりするようなお値段がついていたりすることがあります。

コスチュームジュエリーの定義としては、プレシャスストーン(貴石、半貴石)が使用されていない、というものがありますが、中にはそれこそ本物の宝石が入っているのと同じくらいの値段がするものもあります。
そういうコスチュームジュエリーと言うのは希少価値がある有名なデザイナーがデザインをしていたりします。
残念ながら私にはそういうものには縁がありませんけれど、、、

写真は友人から貰ったサプライズのプレゼント。
私が集めていると知って、お店で見たから、、、と贈ってくれました。
グリーンとパールの色の組み合わせがとても素敵ですごく気に入っています。
[PR]
by misonolondon | 2012-11-05 00:00 | Vintage Treasure

Diamonds Are a Girl's Best Friend

b0255656_101372.jpg


アクセサリーを集めるのが好きなのですが、実は普段からあまり身に着けることはありません。
結婚指輪もしかり、で家の中でははずしてます。

昔、薬師丸ひろ子さんと玉置浩二さんがご夫婦だった頃、ラジオのトーク番組で(確か)薬師丸さんがご自宅内では結婚指輪もはずしている、と言った内容の事を話されていて、インタビュアーが「結婚指輪って24時間365日ずっとつけ続けるものだと思ってました!」とびっくりされていました。
私も大人になるまではそうだと思い込んでいたんですが、OLになって自分で指輪を買ってつけるようになって、その意味がちょっとわかる様になりました。

外出先から家に戻ると真っ先にするのは指輪、ネックレス、ピアス、、、と身に着けているアクセサリーをすべてはずすこと。
なんだか生理的に家の中で金物を身につけているのがダメなんです。
なので結婚指輪でも家に帰るとはずしてます。外出する時だけつけるようにしています。
薬師丸さんも多分そういう方なんだろうな、と思いました。
そういう方、他にもいらっしゃるのかしら?

写真は母から譲ってもらったダイヤの指輪。
「今の若い人たちは給料3か月分、なんて言って豪華な指輪を買って貰うけれど、私のときはまだ世の中がそんなに裕福ではなかったので、ほんとに小さなこれダイヤ?って思うような指輪しか買ってもらえなかったのよ。なのでこれは自分で後で働いてお金を貯めてから買ったものなの」と言っていました。
もうつける事もないので、、、と譲ってくれたのですが、私も夫の給料がそんなに高くないのを知っており遠慮して小さいダイヤの指輪にしたので、これも何かの縁だろうと今回は遠慮せず貰っておきました(笑)
[PR]
by misonolondon | 2012-09-05 00:00 | Vintage Treasure